ハウスクリーニング全般

除菌と抗菌の違いとは?機能表示の違いを比較

感染症が流行している昨今、手洗いうがいでしっかりと菌を洗い流すよう指導がされる中、アルコールを使って手を消毒するのが普通の時代になりました。

最近では洗濯洗剤から食器用洗剤に至るまで、あらゆるものに除菌効果があるものが増えてきたように感じませんか?
あらゆるものに対して除菌が叫ばれていますが除菌とともに抗菌という言葉もよく聞くという人も多いはず。

そんな除菌と抗菌について皆さんは何が違うのか明確にわかりますでしょうか。
今回はそんな除菌と抗菌について、お話したいと思います。

除菌とは

まず、よく耳にする除菌とはなんなのか。
お掃除をした後や手を洗った後など、アルコールを使って手洗いで洗い落とせなかった菌を除菌するようによく言われませんか?
その除菌とはずばり「菌を取り除く」ということでまさに言葉通りの「除菌」です。

除菌を他の言い方にすると「殺菌」という言葉もよく耳にすると思いますが、殺菌という表示が明確にできるものは法律でしっかりと定められており、その効果が認められた医薬品や医薬部外品のみでしか表示することができません。
除菌という言葉には殺菌の表示についての法律上の規律がないため、食器用洗剤やお掃除用ウェットシート、アルコールスプレーなどに用いられていることが多いというわけです。

抗菌とは

除菌についてなんとなくわかったところで次に抗菌とは何なのでしょうか?
抗菌とはずばり細菌などの微生物の増殖を抑えることで、抗菌については法律上ではなく日本産業規格(JIS)で定められた規律があり「製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態(カビや酵母などの真菌類は含まれない)」という定義が存在しています。

加工されていない製品の表面と比較して細菌の増殖割合が100分の1以下である場合、その製品に抗菌効果があると規定されます。

つまり殺菌や除菌のように菌を殺す又は取り除く効果はなく、殺菌や除菌をした上で抗菌する方がより効果が得られるということになりますね。

菌についての表示はもっとある

殺菌、抗菌、除菌とお話してきましたが、他にも知っておくと良い、菌を除去する表示があるんです。

滅菌

菌を滅ぼすと書いて滅菌です。
言葉通りすべての菌・微生物を除去することを言います。
主に病院内で行われる手術に使われる道具や手術室などで使用されることが多く、一般家庭で使用するものについてはほとんど見ることがない表示になります。

消毒

有害な微生物を害のない程度まで減らしたり、感染力のある菌を無毒な状態にすることで表示的には殺菌と同様の医薬品・医薬部外品に表示することができます。
菌の文字は入っていませんが、消毒と殺菌はほぼ同じような意味であるととらえてもいいと思います。

制菌

あまり聞きなじみがない言葉ですよね。
主に布製品に使われることが多い言葉で、繊維に付着した微生物の増殖を抑えることで増殖を抑えるという点では抗菌に近くなってきます。
しかし、布製品の場合の抗菌主に防臭が目的になっていて制菌は抗菌よりも幅広い菌の増殖を防ぎ医療現場で使われるユニホームなどに使用されます。

静菌

こちらも制菌同様効きなじみがあまりないかもしれません。
この静菌は菌を除去するうえでは最も優しい表示の仕方で、微生物は殺さず微生物の増殖や繁殖を抑えることで菌を除去というよりは落ち着かせる意味合いがあります。
防腐剤を使ったり冷蔵庫で保存して増殖を防ぐときなどに表示をします。

まとめ

除菌と抗菌の違いについてなんとなく理解できたでしょうか。
コロナウイルスが蔓延し、菌に対して危機感を持つようになった昨今ハウスクリーニングの仕上げやお掃除内容にも除菌や抗菌の文字が見られるようになりました。
なんとなくオプションで菌に対して効果があるなら、とつけていた方も、違いが分かればより意味のあるクリーニングになると思うので是非参考にしていただければと思います。

ハウスクリーニングのご相談はこちら

参考/おすすめサイト

【専門家監修】「殺菌」「除菌」「抗菌」の違いを知って、清潔な暮らしを守ろう!|Panasonic
「除菌」「抗菌」「殺菌」とは?違いをわかりやすく解説|FUJIFILM

関連記事

最近の記事

  1. 鯉のぼりのお手入れ方法は?洗い方やしまい方も

  2. 製氷機のお手入れ方法は?簡単掃除で清潔さキープ|カビや汚れ対策

  3. 掃除機のお手入れ方法は?簡単掃除で掃除機も長持ち

  4. 家事・育児に疲れた時におススメのサービス・ご褒美一覧|休み方・息抜き方法まとめ

  5. お風呂掃除が面倒くさい!頻度を減らす方法はある?便利グッズも