ハウスクリーニング全般

テレビの掃除方法|画面汚れの落とし方とお手入れ

今やどこの家庭にもなくてはならない存在のテレビ。
皆さんはどうやってお手入れをしていますか?小さいお子さんがいるご家庭などではお子さんがテレビに直接触ってしまうなんてこともよくあると思います。

映像がとてもきれいでも、画面が汚ければきれいに見えるものも見えなくなってしまいます。
今回はそんなテレビのお掃除方法をご紹介したいと思います。

テレビにはどんな汚れがついている?

日々スイッチ一つで電源を付けたり消したりできるテレビ。
直接触れることがなくても様々な汚れが潜んでいることが多いのです。

実は今の液晶型テレビはブラウン管を使っていたころに比べ、液晶自体に静電気が発生しにくくなっているため埃などの細かい汚れが吸い寄せられにくくなっています。ですが、それでも室内にずっと置いてあれば埃をかぶってしまうもの。そんなテレビにはどんな汚れがついてしまうのでしょうか。

タバコのヤニ

室内でタバコを吸う方がいる場合、タバコのヤニが付着することが考えられます。
薄型の液晶画面の場合はほとんど付着することはないようですが完全に付着していないとは言い切れません。

液晶画面に埃がついていなくても、液晶以外のテレビのコードや液晶周りの縁の部分に埃がたまる場合があります。

油汚れ

お料理をするときに換気扇だけで吸い取り切れなかった煙には油が混ざっているためその油が液晶についてしまうことがあります。

手垢 皮脂汚れ

何らかの理由で液晶画面に直接触れた場合や、小さいお子さんがいるご家庭ではよだれで汚れた手で液晶画面を触ってしまうこともありますよね。

テレビ掃除で気を付けること

テレビ画面の液晶はとっても繊細です。
そのため液晶画面を掃除するときは細心の注意を払ってお掃除しましょう。
間違ったお掃除方法で掃除をすると液晶画面の故障に繋がり、テレビの買い替えが必要になってしまいます。

お掃除をする前にきちんと各ご家庭で使用しているテレビの説明書をよく読み、お掃除にあたるようにしてください。

①アルコールやエタノール

今現在コロナウイルスの影響もあり消毒は不可欠になっています。
アルコールやエタノールが含まれた消毒系のウェットティッシュはテレビの液晶画面に使用されているコーティングが化学反応を起こして変色してしまう恐れがあります。

②ティッシュ

手軽に汚れをふき取れるティッシュは繊維が意外と硬いため、汚れたときに使ってしまいがちですがテレビの液晶画面を拭くときにはできるだけ使わないのが無難です。

③ガラスクリーナーや研磨剤入りの洗剤

液晶画面には目に見えないコーティングやフィルターがかかっています。
研磨剤入りの洗剤を使ってしまうとそのフィルターやコーティングをはがしてしまう可能性があるため、見え方がおかしくなってしまうなどの悪影響が出る場合があります。

④水拭き

液晶画面を水拭きすると水滴の跡がついたり、隙間から水分が入り込んで内部をだめにしてしまう恐れがあるため、水拭きは避けましょう。

早速テレビを掃除してみよう

それでは、テレビのお手入れについてご紹介します。
※各メーカーによりお手入れの方法は変わります。必ずお手入れ前に説明書をよく読んでからお手入れするようにしてください。

[準備するもの]
マイクロファイバークロス(眼鏡ふきでも代用できます)
ハンディモップ

①まずテレビの電源を切って液晶の汚れを確認します。
画面を暗くすると汚れを確認しやすくなりますよ。

②ハンディモップを使って画面上の埃を取り除きます。
埃を除去せずに拭き掃除を行ってしまうと画面を傷つけてしまう場合があるため必ず埃を除去しましょう。

③マイクロファイバークロスや眼鏡ふきで画面を拭いていきます。
画面を拭くときは同じ方向に拭いていくのがコツです。
※画面が傷つきやすいため、ごしごし拭くのは厳禁です。優しく拭いてください。

落ちにくい汚れの場合は?

しっかりと水気を絞った柔らかい布で画面を拭きます。
拭き終えた後は必ず乾いた布でしっかりと水気をふき取りましょう。

マイクロファイバークロスや眼鏡ふきの代用品はある?

マイクロファイバークロスや眼鏡ふきがない場合、キッチンペーパーを代用することが可能です。
油をよく吸い取り、素材も柔らかい素材でできているためテレビのお掃除にはもってこいです。

[準備するもの]
キッチンペーパー
お水

①テレビの電源をあらかじめ切っておきます。
キッチンペーパーを軽く水で濡らして画面を上から下に拭いていきます。

②水拭きをしたら必ず乾いたキッチンペーパーで水気をふき取りましょう。

気を付けることでご紹介した通り、テレビの液晶をお掃除する場合はできるだけ水拭きは避けたいところ。
しかしどうしても乾拭きだけでは落ちない皮脂や油の汚れは影響のない範囲の水拭きが必要になってきます。

水拭きをしたら必ず乾拭きでテレビ画面上の水分をしっかりと払い、故障しないよう細心の注意を払ってお掃除していきましょう。

テレビをきれいに保つために

テレビの液晶画面は大変デリケートです。
日ごろからのお掃除も大切ですがまずはそこまでお掃除しなくてもよいようにしておくことが大切です。

テレビの近くで食事をしたり歯磨きをしないようにする。子供の手が届かないようにゲートを付けるなど工夫が必要になってきます。

また、お部屋のスプレータイプの消臭剤(ファブリーズなど)もできるだけテレビにつかないように使用するようにしましょう。

画面が汚れないようにカバーを付けるのも一つの手です。カバーをするだけでお掃除の手間が省けますね!

まとめ

いかがでしたか?
今回はテレビの掃除方法についてご紹介しました。
この機会にテレビのお掃除をしてみてくださいね!

参考/おすすめサイト

テレビの正しい拭き方!汚れ別の掃除方法とおすすめアイテム|おいくら?
テレビ画面の掃除の仕方!おすすめ掃除用品も紹介!水拭きはNG?|オールアバウト
【簡単5分】意外と取れないテレビ画面につく手垢の掃除法や知らないと危険な掃除法とは!?|100満ボルト

関連記事

最近の記事

  1. トイレ掃除が面倒くさい!楽にする方法は?掃除のコツ・ポイント

  2. 部屋の結露対策!カビが発生しないようにするコツとは?

  3. 赤ちゃんの食べこぼしの掃除方法|汚さないコツは?

  4. 新居に入居前に掃除関係でやっておいた方が良いこと一覧まとめ

  5. お風呂の水垢が落ちない原因は水質だった?地域によって掃除のしやすさも変わる!