ハウスクリーニング全般

大掃除が面倒くさい!そんな時は外注もあり!?|年末お掃除

年末になると、「今年も大掃除をしなければいけないのか。。」と憂鬱になる方は多いのではないでしょうか。
ただでさえやることが多くて忙しい年末に、家中の大掃除をするのは本当に大変です。

また、せっかくの年末年始のお休みくらい、家族でゆっくりと過ごしたいですよね。
そこで今回は、年末の大掃除は面倒くさい!という方に向けて、オススメの方法をご紹介したいと思います。

大掃除は外注するのもアリ

年末の大掃除は、必ず自分たちの手で行わなければいけないものではありません。
プロのハウスクリーニング業者にまるっとお任せしてしまう、というのも一つの方法です。

実際、自分たちで掃除をするよりも綺麗にしてくれますし、時間や労力・ストレスからも解放されます。
「掃除の時間がとれない」「掃除が苦手」という方はもちろん「掃除の時間を他のことに使いたい」など、さまざまな方が年末のお掃除を外注し、翌年以降も多くの方がリピートされています。

ハウスクリーニングのご相談はこちら

大掃除を外注するデメリットは?

大掃除を外注する際のデメリットは、下記の点が挙げられます。

費用がかかる

1番のデメリットは、やはり費用がかかる事です。
自分で掃除をすれば時間はかかりますが、費用は抑える事が出来ますからね。
しかし時間の有効活用やストレスからの解放、そしてより綺麗に掃除してくれるというメリットもあるので、そういった点を考慮して外注するか、自分で行うか検討するのがオススメです。

他人が家に入る

プロのハウスクリーニング業者といえど、自分たちの家に他人が入るのは気になりますよね。
この点も大掃除を外注するデメリットといえます。

なので、きちんと会社情報などを公開しているハウスクリーニング業者を選ぶ事が大切です。
チラシが入っていたから、などと適当に業者を選んでしまうと、破損の際に補償がなかったり、最悪の場合は盗難などの被害も考えられるので、業者選びは大切です。

[関連記事]
エアコンクリーニング業者の選び方|良い業者を見極める5つのポイント

大掃除は年末じゃなくても良い?

いざ大掃除を頼もうとしても、年末は掃除を頼みたい人が多いので、その分予約が取りにくかったり、割引キャンペーンの期間外だったりする場合もあります。

なので大掃除を外注しようと決めたら、なるべく早めに予約する事が大切です。
もしくは、少し時期を遅らせて、1月に入ってからハウスクリーニングを頼むのも一つの方法です。

比較的空いている時期であれば割引料金で依頼出来たりもするので、時期が調整出来る方はそういった方法もオススメです。

年末に大掃除をするようになった理由

そもそも年末に大掃除をする様になった起源は、平安時代まで遡ります。
宮中で12月に「煤払い」という、その年の汚れを綺麗にする行事がありました。
これは汚れを綺麗にすることで新しい年、神様をお迎えする準備という意味が込められています。

この煤払いが起源となり、現代の私たちでも年末に大掃除をするという慣習が根付いたのです。

年一回の大掃除は、やはり大切

時期は年末に限らないでも、年に一回の大掃除はやはり重要です。
普段はなかなか掃除出来ない箇所でも、年に一度掃除をする事で汚れの蓄積を防ぎ、結果として綺麗な住まいをより長持ちさせる事が出来るのです。

気持ちの面でも健康面でも、大掃除はやはり重要だといえます。

まとめ|大掃除は外注しても良い

いかがでしたでしょうか。
今回は年末の大掃除が苦手!という方の為に、大掃除を外注するという選択肢をご提案させて頂きました。
掃除が苦手だったり嫌いだったりするのは何も負い目を感じる必要もありませんし、そういった方は多くいらっしゃいます。

外注する事でストレスから解放されるのなら、その方が良いですよね。
以上、ご参考になれば幸いです。

ハウスクリーニングのご相談はこちら

関連記事

最近の記事

  1. エアコンクリーニングの立ち合いが面倒くさい!家の片づけは必要?対処方法と当日の流れ

  2. エアコンクリーニングが高い理由は?|相場やメリット・デメリット

  3. 鯉のぼりのお手入れ方法は?洗い方やしまい方も

  4. 製氷機のお手入れ方法は?簡単掃除で清潔さキープ|カビや汚れ対策

  5. 掃除機のお手入れ方法は?簡単掃除で掃除機も長持ち