エアコンクリーニング

エアコンが効かない!?効きが悪い時の対策・効果的な裏技

最近の夏の猛暑は凄いですよね。。
そんな時はエアコンを活用しないと、部屋の中でも熱中症になってしまいそうなくらいですが、「エアコンの効きが悪い」「エアコンを付けても涼しくならない」という悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなエアコンの効きが悪い時に試したい対策や対応方法を一覧でまとめてご紹介したいと思います。

エアコン室外機にカバーをする

エアコンの室外機が直射日光にあたる様な場所に置いてあると、室外機自体の温度も高くなり、冷房効率が下がってしまいます。
電気代も余計にかかってしまうので、上記の画像の様にエアコン室外機にカバーをつけたり、日除けの対策をすると冷房効率が上がります。

エアコンのクリーニングをする

エアコンフィルター

エアコンのフィルターが汚れていたり、エアコン本体内部が汚れていると、冷房効率が悪くなってしまいます。
最低限のお手入れとしてフィルターのホコリはこまめにとってあげましょう。

しかしエアコン本体内部のクリーニングは、プロに任せるのがオススメです。
自分で行うと手間も時間もかかりますし、最悪の場合エアコンを壊してしまう方もいらっしゃいます。

プロのハウスクリーニング業者であれば内部までしっかりピカピカに掃除してくれますので、本格的なシーズン前に依頼しておくのがオススメです。

エアコンクリーニングのご相談はこちら

窓ガラスに遮熱フィルムを貼る

窓ガラス

カーテンや雨戸を閉めれば熱を遮断してくれますが、それでは部屋が真っ暗になってしまいますよね。
かといってレースカーテンだけでは、なかなか熱を遮るのは難しく、部屋の温度は上がってしまいます。

そこでオススメなのが、窓ガラスに遮熱フィルムを貼ることです。
ホームセンターなどにも売っていますし、ネットでも購入することが出来ます。

扇風機を回す

扇風機

エアコンだけで部屋を冷やすよりも、エアコンと一緒に扇風機やサーキュレーターで風を循環してあげると、冷房効率も上がります。

直接体に風を当てるというよりは、壁や天井に向かって風を送ってあげると部屋全体に冷たい空気が行き渡る様になるのでオススメです。

エアコンを買い換える

エアコンクリーニングのクリークの壁掛け型エアコン

最後の手段としては、エアコンを最新モデルに買い換えるという方法もあります。
やはり新しいエアコンの方が省エネで、かつ冷房効率も良いですし、古いエアコンより電気代も下がる傾向にあります。

また、今のエアコンが部屋の広さに合っていない、という場合もあるので次に買い換える時はもう少し広い部屋向けのエアコンにすると、確実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はエアコンの効きが悪い時にオススメしたい方法についてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

エアコンクリーニングのご相談はこちら

関連記事

最近の記事

  1. 毎日のルーティーンに取り入れたい10分間掃除のアイデア

  2. 子育て家庭におすすめのハウスクリーニングサービスの利用方法

  3. ダウンコートの洗い方は?意外と汚れているダウンを自宅で洗おう

  4. エアコンクリーニングの立ち合いが面倒くさい!家の片づけは必要?対処方法と当日の流れ

  5. エアコンクリーニングが高い理由は?|相場やメリット・デメリット