お掃除テクニック

新居に入居前に掃除関係でやっておいた方が良いこと一覧まとめ

新居にお引っ越しをして入居する時、まず荷物を運び入れる前にはみなさんまず軽く掃除をすると思います。
賃貸でも新築・中古戸建てでも、管理会社や施工会社が一応入居前にハウスクリーニングをしていることが多いと思いますが、それでも自分たちで住む家はより綺麗にしておきたいですよね。

そこで今回は、新居に入居する前に掃除関係でやっておいた方が良いことを一覧でまとめてご紹介したいと思います。
引っ越し前のご参考になれば幸いです。

バルサンを焚いておく

新居入居前は荷物も何もない状態なので、バルサンなどの防虫燻煙剤を焚いておくには1番良い状態です。
虫の発生を少しでも減らしたいという方にはオススメの方法です。
虫が増えればその分、虫退治や死骸の掃除なども増えてしまいますからね。

お風呂のカビ予防

お風呂を使い始める前に、市販の防カビ燻煙剤をしておくと、カビの発生を予防することが出来ます。
お風呂はどうしてもカビが生えやすい部分なので、掃除の頻度が減るだけでもかなり家事が楽になります。
あとはこまめに使用後に水分を拭くようにすると、より綺麗なお風呂をキープすることが出来ます。

重い家具・家電の下には傷防止シート

冷蔵庫や箪笥など、重い家具・家電を置く場所には事前に透明のシートなどを引いて傷・汚れ防止をしておくと、退去時などの掃除・原状回復がかなり楽になるのでオススメです。

キッチンの換気扇カバーをつける

キッチンの換気扇やレンジフードは油汚れなどでギトギトになり、かなり掃除が大変です。
使い始める前に換気扇にカバーをつけておくと、あとはカバーを定期的に交換するだけでかなり掃除の頻度を減らして楽にすることが出来ます。

コーティングをすればより万全

洗面器や鏡、浴槽やシンクなどは、市販のコーティング剤があるので、入居前の綺麗な状態の時にコーティングをしておくと撥水性も高まったり、汚れ防止にもなります。
ただ自分でコーティングをするのは難しく、失敗すると見た目が悪くなったりと手間もかかるので、出来ればプロのハウスクリーニング業者に頼むのが安心です。

入居前の掃除を丸ごと外注も可能

入居前の新居は、ある程度は管理会社や施工会社が掃除をしてくれているとはいえ、実際に自分たちが住む前提での掃除とはやはり違いますよね。
細かい部分などは、汚れやゴミなどが残っているというケースが大半です。
そこで、入居前の新居を丸ごとハウスクリーニングに頼むというのもオススメです。
プロの技術力と専用機材で、隅々までピカピカにしてくれますよ。

ハウスクリーニングのご相談はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は新居に入居する前にしたい、オススメ掃除予防ポイントなどをご紹介しました。
引っ越し時のご参考になれば幸いです。

関連記事

最近の記事

  1. トイレ掃除が面倒くさい!楽にする方法は?掃除のコツ・ポイント

  2. 部屋の結露対策!カビが発生しないようにするコツとは?

  3. 赤ちゃんの食べこぼしの掃除方法|汚さないコツは?

  4. 新居に入居前に掃除関係でやっておいた方が良いこと一覧まとめ

  5. お風呂の水垢が落ちない原因は水質だった?地域によって掃除のしやすさも変わる!