お掃除テクニック

リュックを洗濯機で洗う方法|洗い方と手洗い・干し方

リュックは使用頻度も高い上に汚れやすいものですが、どうやって洗えば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、リュックは洗濯機で洗えるのか?どうやってリュックを干せば良いのか?など、リュックの洗い方についてご紹介したいと思います。

まずはリュックの洗濯表示と素材をチェック

リュックを洗う前に、必ず洗濯表示の有無と素材を確認しましょう。
まずは洗濯表示があればそれを確認し、無い場合は素材をチェックします。

洗濯表示がある場合は、「洗濯可能」「手洗い可能」「水洗い不可」などの記載があるので、それにしたがってリュックを洗います。
素材については主にナイロンやポリエステルでできている場合は、洗濯機で洗える場合が多いです。
綿や帆布生地の場合は手洗いで、合皮や皮で出来ているものは当然ですが水洗いは出来ません。

リュックを洗おう

縦型洗濯機

それでは実際にリュックを洗っていきましょう。

洗濯機で洗う場合

洗濯機でリュックを洗う場合は、下記の手順で洗っていきます。

1.ホコリやゴミを取り除く
まずはリュックの中や外ポケットの中を見て、ゴミやホコリを取り除きます。
細かいゴミは、ガムテープや養生テープなどを使って取ることも可能です。

2.ひどい汚れを落とす
全体を洗う前に、部分的に汚れている箇所がある場合は軽く水拭きで拭いたり、軽く汚れを落としておきましょう。

3.付属品を外す
ベルトなどが外せる場合は、外しておきます。

4.リュックを裏返す
リュックを裏返すことで、リュック表面へのダメージを防ぐ事ができます。

5.洗濯機で洗う
洗濯表示に沿ったコースで、洗濯機で洗っていきます。
基本的には手洗いコースなど優しく洗えるコースにしましょう。

6.タオルで水気を取る
洗濯機の脱水は、リュックが痛んでしまう可能性があるので、洗い終わったあとはタオルを使ってリュックの水気を拭き取っていきます。

7.陰干しする
あとはリュックを日陰で乾かしていきます。
逆さまに干すと水気が下に落ちるので乾きやすいです。
この時、中に新聞紙を入れるなど、形崩れしないように工夫しましょう。

手洗いの場合

手洗いでリュックを洗う場合は、下記の手順で洗っていきます。

1.水を貯める
まずはリュックが入るサイズの洗面器に水を溜めます。
リュックが大きい場合は、お風呂の浴槽を使います。

2.中性洗剤につける
水に中性洗剤を適量(水に対し洗剤は1%)混ぜ、そこにリュックをつけます。

3.もみ洗いする
手洗いで汚れが落ちるまで、リュックをもみ洗いしていきます。
この時に生地を擦り合わせるようにしすぎるとダメージになりますので、注意しましょう。

4.洗剤を洗い流す
洗い終わったら水またはお湯ですすぎ洗いをしていきます。
しっかりと洗剤が落ち切るまで、複数回すすぎましょう。

5.タオルで水気を取る
洗濯機の脱水は、リュックが痛んでしまう可能性があるので、洗い終わったあとはタオルを使ってリュックの水気を拭き取っていきます。

6.陰干しする
あとはリュックを日陰で乾かしていきます。
逆さまに干すと水気が下に落ちるので乾きやすいです。
この時、中に新聞紙を入れるなど、形崩れしないように工夫しましょう。

リュックの手入れ方法

リュックの洗濯方法がわかったところで、日々のお手入れについてもご紹介します。
使うたびに毎回洗うわけにもいかないので、お手入れで綺麗な状態をより保つことが出来ます。

目に見える汚れはきちんと落とす

リュックの使用後は、外側をざっと見渡して、汚れやホコリなどを払い落としましょう。
生地が痛まない程度のブラシでも良いですし、手でも大丈夫です。
また、染み付いた汚れは硬く絞ったタオルなどで拭いておきましょう。

乾かしてから保管する

リュックの中に水筒などを入れた場合、結露で中が濡れていることがありますよね。
濡れたままクローゼットなどに入れてしまうと、カビが発生するなどの原因になってしまいます。
なのでチャックを開けて中までしっかりと乾燥させてから、保管するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はリュックの洗い方・洗濯方法についてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。


関連記事

最近の記事

  1. エアコンクリーニングの立ち合いが面倒くさい!家の片づけは必要?対処方法と当日の流れ

  2. エアコンクリーニングが高い理由は?|相場やメリット・デメリット

  3. 鯉のぼりのお手入れ方法は?洗い方やしまい方も

  4. 製氷機のお手入れ方法は?簡単掃除で清潔さキープ|カビや汚れ対策

  5. 掃除機のお手入れ方法は?簡単掃除で掃除機も長持ち