お掃除テクニック

スニーカーお掃除方法|汚れの落とし方とお手入れ

皆さんはお気に入りの靴ってありますか?
最近ではなかなか手に入らないスニーカーなども集めて、お家で展示している方もいるのはないでしょうか。
そんなスニーカーのお手入れ方法について今回はご紹介していきます。

スニーカーの材質を確認する

まず最初にご自身の使っているスニーカーの材質をよく確認してみましょう。
布地のものからスエードが使われていたり革が使われていたり、材質が変わるだけでお手入れの方法が異なります。
革製品やスエードの使われているスニーカーは水洗いが厳禁になり、専用のクリーナーや道具が必要になってきます。
逆に、布で作られているスニーカーは中性洗剤を使って汚れを落とすことが可能になってきます。

スニーカーの基本的なお手入れ

スニーカーをきれいに長持ちさせるためには、まずは基本的に汚れがついたらすぐに落とすことが必要です。
急な雨に降られてしまったり、足元は泥などしみ込んでしまうと中々落ちにくい汚れがつきやすくなっています。
そんな汚れがシミになってしまう前に汚れを落としてしまいましょう。
また、汚れを落とすのと同時にスニーカーの撥水効果も一緒に取れてしまうことがあるので、防水スプレーも必須です。

スニーカー種類別お掃除方法

それでは、スニーカーの種類別にお掃除方法をご紹介します。

布製スニーカーのお掃除方法

[準備するもの]
固形石鹸
縦走
スニーカー専用ブラシ
歯ブラシ(硬め)
ヘラ又はスプーン
バケツ
ぬるま湯

1.最初にスニーカーについている汚れを可能な限り落とします。
スニーカー表面の汚れは叩いて落とせる分はしっかり叩き落とします。
繊維の奥に入り込んだ汚れは歯ブラシを使って擦ってかき出していきましょう。

2.バケツにぬるま湯をはり靴ひもとインソールを揉み洗いします。
汚れが気になる場合は中性洗剤をつけた歯ブラシを使って汚れを落としていきましょう。

3.水にぬらした歯ブラシで固形石鹸を泡立てて、スニーカーの汚れに直接つけていきます。
更にその部分に重曹を振りかけ、スニーカー専用のブラシで擦っていきます。
気になる汚れが落ちきるまで繰り返していきます。

4.3で出た汚れはヘラでこそげ取り、スニーカー専用のブラシを使って擦って水洗いしていきます。

5.スニーカーに洗剤が残らないようにしっかりと流水で洗い流し、日陰でしっかり乾燥させましょう。

6.スニーカーがしっかり乾ききったらスニーカーに汚れがつかないように、しっかりと防水スプレーをかけて汚れがつきにくいように予防しておきましょう。

スエード製のスニーカーのお掃除方法

スエードが使われているスニーカーの注意点がいくつかあります。

乾燥の方法

1.まず新品の靴を下ろす前に防水スプレーで汚れを予防してきましょう。

2.うっかり雨に濡れてしまった場合放っておくとシミになってしまうのでしっかり乾かしていきます。
このときスニーカーの変形や変色を避けるためドライヤーなどを使って熱風を当てることは絶対にしないようにします。
乾かすときは新聞紙を丸めて靴の形が崩れないよう靴の中に入れて陰干しし、こまめに新聞を取り替えます。
※湿気が多いときは扇風機などを使って風を当ててあげましょう。

3.表面上の水分がある程度乾いてきたらシューズキーパーに入れ替えます。

しっかりと乾ききってからやっとスエード製のスニーカーのお手入れに入ることができます。

[準備するもの]
スエードローションまたはスプレークリーナー(全体的な汚れに)
固形タイプのクリーナー(部分的な落ちにくい汚れに)
消しゴム
歯ブラシ

1.全体的な汚れにはローションかスプレータイプの専用クリーナーを使用し、部分的な落ちにくい汚れには固形の専用クリーナーを使うのが、スエードの質感を傷めることがなく安全にお手入れすることが可能です。

2.専用のクリーナーを使うのはちょっとめんどくさい・・。という方にはお家にある消しゴムと使い古した歯ブラシを使用して汚れを落とすことができます。

3.スエードの汚れが気になる部分を消しゴムでこすっていきます。
擦っていくと白っぽく浮いたように見えてきますが、歯ブラシを使って素材を調えるようにブラッシングしてあげるとスエード本来の色味が戻ってきます。

汚れがしっかりと落ちるまで繰り返していくときれいになりますよ。

革製(レザー)製スニーカーのお掃除方法

レザー製は水にも弱く傷がつきやすいデリケートな素材です。
その為、スニーカーが新しいうちからしっかりとお手入れしてあげないと後々ひび割れを起こしたり硬化してしまったりトラブルが発生する可能性が出てきます。

レザーのスニーカーはたとえお気に入りであってもできるだけお休みをさせてあげる期間を作り、お手入れをこまめにしてあげることが長く愛用する秘訣になってきます。

[準備するもの]
乾いたタオルや布(馬の毛を使ったブラシでも可)
レザー専用のクリーナー
レザー専用のクリーム
シューズキーパー
歯ブラシ
中性洗剤
メラミンスポンジ又は消しゴム

1.インソールが取れる場合は取り、靴紐も外しておきます。
歯ブラシに中性洗剤をつけて靴紐とインソールを擦り洗いしましょう。

2.レザー部分に水がつかないようにつま先やゴムの部分をメラミンスポンジや消しゴムを使って汚れを落とします。

3.靴の表面についた埃やゴミを乾いた布やタオルを使って取り除きます。
この時馬の毛のブラシを使って優しくブラッシングをして取り除いても問題ありません。

4.しみついてしまった汚れには、乾いた布やタオルに専用のクリーナーをしみ込ませてレザー部分を拭いていきます。レザーを傷つけないようにやさしくなでるように拭きます。

5.汚れが落ちたら日陰で陰干しします。
レザーは直射日光に当たってしまうと硬化してしまうため、乾かす際は必ず日陰で乾かします。

6.完全に乾ききったら専用のクリームをスニーカー全体に塗布し、レザーに栄養を補給してあげてください。

※防水のためスプレーをかけても良いですが、スプレーの使用で変色をきたす恐れもあるためあまりお勧めはできません。使用する際は目立たない場所に少しだけかけて変色がないかどうか試してみることをお勧めします。

7.レザー製のスニーカーは型崩れしてしまうと元に戻すことができない場合があるので、お手入れが終わったらしっかりとシューズキーパーを入れて形を整えておきましょう。

まとめ|お手入れで綺麗なスニーカーを継続しよう

お気に入りのスニーカー、できるだけ長く愛用したいですよね。
この機会に是非お手入れして長くスニーカーライフを楽しんでみてくださいね。

参考/おすすめサイト

これで完璧!覚えておきたいスエード靴のカンタンお手入れ術!|ZOOM
レザースニーカーの正しいお手入れ方法|コンバース
スニーカーの正しい手入れ方法を伝授!|カジタク
スニーカーのお手入れ方法「洗い方からアフターケアまでを動画で紹介!」| OTOKOMAE

関連記事

最近の記事

  1. トイレ掃除が面倒くさい!楽にする方法は?掃除のコツ・ポイント

  2. 部屋の結露対策!カビが発生しないようにするコツとは?

  3. 赤ちゃんの食べこぼしの掃除方法|汚さないコツは?

  4. 新居に入居前に掃除関係でやっておいた方が良いこと一覧まとめ

  5. お風呂の水垢が落ちない原因は水質だった?地域によって掃除のしやすさも変わる!