お掃除テクニック

ジョイントマットのお掃除方法と頻度・お手入れについて|クッションマット

赤ちゃんや小さいお子様がいるご家庭で使用されている方も多いジョイントマットやクッションマット。
値段も比較的お手頃で枚数もたくさんあるので、広いリビングに赤ちゃんが過ごすスペースとして使用したりする方も多いですよね。
赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちなど行動範囲が広がってくると、必ずと言っていいほど転びます。

まだまだ頭が重く転びやすい時期は、できるだけ頭を守ってあげたいという観点からも、堅い床に直接ぶつけることがないようにジョインとマットを敷いておきたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そんなジョイントマットですが、床の上に直接敷いているため汚れやゴミが床に直接いくことはないだろうと考えている方も多いのではないでしょうか。
実はジョイントマットのつなぎ目の部分から細かいゴミや髪の毛が入り込み、結構汚れているのです。
今回はそんなジョイントマットのお掃除について、ご紹介します。

ジョイントマットはなぜ汚れる?

ジョイントマットの表面は撥水の加工がされており、お掃除がしやすくなっています。
また布製のカーペットや絨毯と違いダニが入り込みにくくなっているのもメリットの一つです。

しかし、見落としがちなのがジョイントマットの裏側です。
ジョイントマットの裏側がなぜ汚れるのかというと、ジョイントマットの種類にもよりますが、つなぎ目が多いマットはそのつなぎ目から細かいゴミが入り込んでマットの裏側がざらざらしていたり、髪の毛が入り込んでいるなど結構汚い状態になっています。

また、最悪黒い斑点が見受けられる場合はカビ、白い粉のようなものがある場合はダニの死骸である可能性が非常に高い事からも、表面上はきれいに見えても裏側がいかに汚いかがお分かりいただけると思います。

ジョイントマット自体は撥水効果が高い代わりに吸水性が低く、床とジョイントマットの間は多湿になりやすくなっています。
特に雨の多い梅雨の時期はお部屋自体も高温多湿になるためカビが生えやすく、そこに食べこぼしなどが加わるとダニにとっては餌となるため繁殖しやすい状態です。

ジョイントマットのお掃除に必要なもの

まずはジョイントマットのお掃除に必要なものをご紹介します。

[必要なもの]
・掃除機
・コロコロ
・お掃除シート
・中性洗剤
・重曹
・ぬるま湯
・空のスプレーボトル
・スポンジ

ジョイントマットのお掃除方法

普段のお掃除として念入りに行ってほしいのがジョイントマットのつなぎ目部分。
前述した通りつなぎ目部分から細かいゴミが入り込むため、表面よりもつなぎ目部分を入念に掃除機をかけるようにしましょう。

少し念入りに表面上のお掃除をしたい場合は、掃除機やコロコロをかけた後にお掃除シートを使って水拭き後、乾拭きをするときれいになりますよ。

皮脂汚れやべたべた汚れ

べたべたした汚れには弱アルカリ性の重曹水を使うと切れにお掃除することができます。
空のスプレーボトルに重曹小さじ2杯と、ぬるま湯200mlを入れた重曹水を作り汚れに吹きかけて濡れた雑巾やタオルで拭き取りましょう。

水分を使ったお掃除の注意点として、つなぎ目部分から水分が裏側に流れていっていないかどうかを必ず確認してください。
水分が流れたまま放置してしまうとカビの原因になるので、もし水分が流れてしまった場合はしっかりと乾燥させてから床に敷くようにしましょう。

そのほかの手ごわい汚れ

重曹水を使っても落としきれない汚れは、ジョイントマットの性質を大いに利用して丸洗いしてしまいましょう。
お風呂の浴槽を使うと楽にお掃除することができますよ。

まず、重曹水を使っても落としきれなかった汚れや気になる汚れは中性洗剤を使って汚れを落とし、シャワーで洗い流しましょう。
浴槽にぬるま湯をはり、お湯1リットルに対し重曹大さじ1杯の割合で重曹水を作って、30分ほどつけ置きしましょう。
着け置き後は洗剤や重曹水が残らないようにしっかりと流水で洗い流し、風通しの良い日陰でしっかり乾燥させ、この時菌が気になる場合は最後にアルコール除菌スプレーなどを噴霧して乾拭きしましょう。

ジョイントマットのお掃除頻度

一口にジョイントマットと言っても、割と広範囲にマットが敷かれている場合正直お掃除はめんどくさいですよね。
そんな場合は一度にはがしてしまうのではなく、半分ずつ分けてお掃除するなど、自分のできる範囲でお掃除するようにすると無理なくお掃除することが可能です。

ジョイントマットのお掃除は普段の表面上だけのお掃除であればできれば毎日、マットをはがして行う丸洗いのお掃除を1か月に1度ほど行うのがベストです。

少々頻度が多いように感じますが、小さいお子様の健康や衛生面を考えるとカビやダニの死骸はアレルギーの原因にもなるため、できる限り除去しておきたいところではないでしょうか。

ジョイントマットのお掃除ついでに床のお掃除もしっかりできるとすっきりするのでこの機会にぜひお掃除してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はジョイントマットやクッションマットのお掃除方法についてご紹介しました。
なるべくこまめに掃除をしたいジョイントマットですが、やはり家事や育児、お仕事もある中でのお掃除は大変ですよね。
そんな時は、プロのハウスクリーニング業者に頼むのもオススメです。
時間の節約にもなりますし、プロの技術でしっかりと綺麗にしてくれます。
クリナークではフロアクリーニングも行っておりますので、是非お気軽にご相談頂ければと思います。

フロアクリーニングの詳細はこちら

参考/おすすめリンク


ジョイントマットの掃除方法まとめ!汚れの原因から予防方法まで|LIMIA
ジョイントマットは裏を掃除すべし!重曹を使った掃除方法を紹介!

関連記事

最近の記事

  1. トイレ掃除が面倒くさい!楽にする方法は?掃除のコツ・ポイント

  2. 部屋の結露対策!カビが発生しないようにするコツとは?

  3. 赤ちゃんの食べこぼしの掃除方法|汚さないコツは?

  4. 新居に入居前に掃除関係でやっておいた方が良いこと一覧まとめ

  5. お風呂の水垢が落ちない原因は水質だった?地域によって掃除のしやすさも変わる!