トイレクリーニング

トイレに置くだけの洗剤は効果ある?意味があるのかないのか調査!

皆さんのお家のトイレはタンクレスですか?それともタンクのあるタイプでしょうか?
タンクのあるタイプのトイレを使っている場合、水の出る部分に置き型の洗剤はありますでしょうか。

タンクレスタイプのトイレの需要が高まってはいますが、現状はまだまだタンクのあるトイレを使っているご家庭も多いはず。
そしてテレビでもよく目にするトイレの黒ずみ汚れを防止するための置き型洗剤を使っている方も多いのではないでしょうか。
今回はそのタンクのあるタイプのトイレに置く洗剤について、お話したいと思います。

置き型タイプの洗剤はどのように汚れを防止してくれている?

トイレの置き型タイプの洗剤は、どのようにしてトイレの汚れを防止してくれているのでしょうか。
タンクのあるタイプのトイレの場合、水の出る部分に洗剤を置いて流すたびにその水に洗剤が混ざることで、トイレ本体の汚れを防止する成分を広げてくれています。

つまり、置き型タイプの洗剤の場合、しっかりと洗剤の容器に水が掛かっている状態になっていなければ意味がない状態であると言えます。
置き型タイプの洗剤を利用している方はしっかりと水が容器に掛かっているか確認するようにしましょう。

トイレに置くだけ洗剤は置いておくだけでトイレ自体のケアに繋がるため、水を流すたび洗浄してくれていると思って問題ありません。
反対に洗剤が切れてしまいそのまま放置してしまうと、トイレのケアはそこでストップがかかるため、洗浄自体もストップがかかることになります。

そうなるとトイレに汚れが蓄積し、円形の黒ずみ汚れが見られるようになってしまいます。
この黒ずみの汚れが頑固で中々落ちにくく、トイレのお掃除をしていない証拠のようなものになることから「さぼったリング」とも呼ばれています。

トイレの黒ずみ汚れは何なの?

それでは、洗剤を置かずにトイレ掃除をしなかった一定期間にできてしまった黒ずみ汚れは、いったい何なのでしょうか。

その汚れの正体は水垢・ホコリ・カビで、この汚れが原因で黒ずみとなり、この黒ずみが色素沈着して落としにくい頑固な汚れへと変化しているのです。
トイレは密室な上、お風呂まではいかずとも水がある場所になるため湿気の多い場所になっています。

夏場は特にトイレには蓋がついているので、さらに湿気がこもりやすくカビの発生率は格段に上がってしまいます。

そんな黒ずみ汚れが発生しないように保ってくれるのが、置き型タイプの洗剤になってくるのです。
うっかり黒ずみ汚れが発生してしまった場合は、トイレ用塩素系漂白剤を使って黒ずみを溶かして落とす方法が効果的になります。

置き型タイプの洗剤のデメリット

前述した通り、置き型タイプの洗剤の場合は水が掛かっていない部分には効果が得られないためしっかりと水が掛かっているか確認すること。
また、そもそも洗剤入りの水が掛からない部分には全く効果はないので、便座の裏や床はもちろん壁などは個別に掃除する必要があること。

そして、置き型タイプの洗剤は黒カビ由来の汚れにはしっかりと効果を発揮するものの、酵母由来のピンク汚れには効果が弱いとされています。

置き型タイプの洗剤は流れる水に洗剤の成分が溶け込み流れていくことでトイレの洗浄にはなりますが、トイレに繋がっている配管の洗浄にはなっていないので注意が必要です。
トイレの配管が気になる場合はまた別の洗剤が必要になってきます。

置き型だけじゃないトイレケア

今回置き型に特化して説明していますが、実は置き型以外にもトイレのケアにつながる商品は存在しています。

タンク内に入れるタイプ

置くタイプとは違い、タンク内に直接入れるタイプの洗剤です。
置き型タイプの洗剤と効果はそこまで違いはありませんが、できれば流す前にある程度掃除してから流した方がより効果を得られるタイプです。
タンクに入れるタイプも置き型タイプも、大体3~5週間程度使えます。
置き型タイプに比べ洗剤がなくなったかどうかがわかりにくい点と、タンク内に入れるために重い蓋を外さなければならない手間がかかるデメリットがあります。

洗剤をスタンプするタイプ

一番最近出た便器に直接スタンプするタイプの洗剤です。
左右二か所に張り付けるタイプなので、水が流れるたび洗浄してくれます。

置き型やタンク内に入れるタイプと決定的に違うのは、見た目の可愛さや使える日数が1~2週間程度なことで、気温や水量などに左右されやすい洗剤になっています。
便器に直接スタンプするだけという手軽さと、タンクレスのトイレに使えることがメリットの洗剤です。

トイレをきれいに保つために

置き型タイプやタンク内に入れるタイプの洗剤など様々ありますが、効果を最大限生かすためには、この洗剤だけに頼らず日ごろのお掃除をすることでより清潔に保つことができます。
また、洗剤に漂白成分がプラスされている物や除菌タイプの物も販売されているので、そういった洗剤を使用すればトイレの黄ばみなど洗浄することも可能です。

このトイレ用の洗剤の効果がどうしても薄くなってしまうピンク汚れについては、専用の洗剤で洗うことで清潔なトイレを保つことができるので、日ごろのこまめなお掃除を心がけるようにしましょう!

今のトイレはすごい!トイレの進化

実は今トイレはものすごい進化を遂げていて、そもそも汚れがつきにくいトイレになってきていることをご存じでしたか?
具体的に言うと、トイレ掃除で面倒な黒ずみ汚れが出にくくなるようにトイレ自体に除菌機能がついていたり、トイレの材質が陶器ではなくガラスを使ったものになっていたり、目覚ましい進化を遂げているのです。

お金はかかってしまいますが、トイレのお掃除という負担を減らすいい機会にもなるのでトイレを新しいものに変更してみるのもいいかもしれませんね。

また、どうしてもトイレの掃除が行き届いているか不安な場合はハウスクリーニング業者に頼んでクリーニングをお願いするもの一つの手になってきます。
自分たちでは中々掃除することができない箇所も取り外したり、専用の掃除機具を使ってクリーニングをしてくれるので、しっかり汚れを落としてくれますよ。

トイレクリーニングのご相談はこちら

まとめ

今回はトイレの置き型洗剤についてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

参考/おすすめリンク

【トイレの黒ずみ撃退!】掃除方法や汚れを防ぐ方法を詳しく解説!|100満ボルト
ブルーレットの効果とは?デメリットはあるの?|水回りのカイケツ君
小林製薬公式サイト

関連記事

最近の記事

  1. エアコンクリーニングの立ち合いが面倒くさい!家の片づけは必要?対処方法と当日の流れ

  2. エアコンクリーニングが高い理由は?|相場やメリット・デメリット

  3. 鯉のぼりのお手入れ方法は?洗い方やしまい方も

  4. 製氷機のお手入れ方法は?簡単掃除で清潔さキープ|カビや汚れ対策

  5. 掃除機のお手入れ方法は?簡単掃除で掃除機も長持ち